読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2011編成検査入場

f:id:darumakaitoku:20161227002828j:image

バイバル運転開始から4年になろうとしていた先日、検査の為に2011編成は運用を離脱したみたいね。慣例なら翌日付で入場かな

(1701編成が事故廃車にさえならなければ、此処まで生き長らえはしなかっただろうに……)

 

こうなると同好者が考えるのは、リバイバル塗装の今後と、検査出場のタイミングだろうね。なんにせよ1月14日頃には、塗装状況が分かるだろうし、年の瀬という事もあって1週間ぐらい普段より後ろに倒れるだろうね…… 1177編成の事もあって、2月入るだろうね

 

f:id:darumakaitoku:20161227004019j:image

806A:京急久里浜〜北久里浜

日が辛うじて回るのは、冬至の前後1週間だけ。個人的に満足すれば無問題

 

f:id:darumakaitoku:20161227004112j:image

1690A:金沢文庫

関東に寒波が押し寄せたこの日。1690Aから1813A〜2012A〜三崎口方面代走〜入庫と、予想以上に活躍した。

 

 

ありがとう2011編成(苦笑)

 

お わ り

 

都電荒川線

f:id:darumakaitoku:20161226002924j:image

スカイツリーと都電7000形

残存3両のみ(2016.12.25現在)

 

大学合唱団の関係で、荒川区役所の近くに行く用事があり、出先ついでに撮ってきた。風前の灯というか、もう絶滅した(広告なし通常塗装編成がいない)と言っても良いかもね。

 

順光カットを撮りに近いうちにまた行きます。たぶん……

 

おわり

白い悪魔のオレンジエア快

f:id:darumakaitoku:20161222225549j:image

品川駅に到着する羽田からの快特都営線内はエアポート快特、京成線内は快速特急になる。

 

つい先日、東京都交通局から新型車両の発表があった浅草線。5000形(5200形)を追いやった5300形だったが、来年からは追われる側に変わる。現行ダイヤにおける都営車の運用は、120km/h運転を行う全ての運用と一部区間を走行しない条件のもとで設定されているが、新型車両の導入に伴い変わることは必須だろう。

 

終夜運転の発表もあり、当日の運行時刻表も掲出されたわけだけど、今年はチョイと撮影に出てみようじゃないか……

歌舞伎色に染まる前の浅草線に

 

おわり

営団01系

    旧型車の墓場だった銀座線のイメージを払拭するために登場して以来、実に34年目を迎えようとしている。新型車(1000系)の導入によって、数を減らし続けて残り僅かとなった訳だが、最終運用日まで元気に走り続けて欲しい。

 

f:id:darumakaitoku:20161219151041j:image 

渋谷駅から発車する01系 (渋谷ヒカリエより)

   

    最近流行り?と言うか、他に撮り方がないからだが『地下鉄構図』は、どうも気がすすまない。『地下鉄構図』で撮らないといっても、銀座線の地上区間は、渋谷界隈と上野検車区のみで、廃車回送時等に、丸ノ内線四ツ谷駅などで撮影が可能なだけで場所は限られる。おまけに銀座線の性質上、運用確認は現場に行くか、一部駅に業務上書き出してある配車を確認する他ない。

面倒な事、この上ない

この先、撮影者が増えて行くのは言うまでもないだろうから、この冬休みで最低限記録するのが、直前期のオススメかもしれないね……

 

おわり

 

 

 

 

EF66-30 牽引貨物列車

    鎌倉芸術館の小ホールで行われた、横浜国立大学混声合唱団さんの定期演奏会に行ってきた。今年3回目のワクワクを聴いてきたのだけど、曲の人気度の高さを、つくづく感じてきた。来年は『ワクワクのタネー』とか『ジャーンジャン!ジャーンジャン!ジャーンジャッジャッジャッ!』※表現力の無さに注意 が人気になるんだろうキット……

 

    そんな訳で、久しぶりに大船に向かうことになった。大船駅に着くと、遠くの方で撮影者が群がっていた。(こんな日曜日に集るほどの)変わった列車が来るのかと不思議に思い、野次馬してきた。

 

f:id:darumakaitoku:20161219004239j:image

5052レ EF66-30+他コキn両

    この日、JR東海管内で不発弾処理が行われた関係で、遅れてきたんだとか…

遅れようが遅れまいが興味がないのは別の話。

EF66というと、東海道線ブルートレインが当たり前のように走ってた頃の印象が強い。花形故に当然っちゃ当然なのだけど、今の雰囲気に花はない。オマケに空コキ挟んでしまうと、撮影意欲は削がれる気がする。たった2〜3分の滞在時間だったが、その程度で済んで良かった良かったと思うばかりでしたとさ……

 

おわり

 

新町検車区を覗く

    機能は試して損はないはずだから、早速いろいろ盛り込んでやってみる。ちなみに画像サイズは1024pxにしてあるので、『中画質』と言われる部類らしい。もともと高画質な物を誰も求めてないだろうし、撮影機材的にも限界だから丁度いいと思ってる。

   京急線神奈川新町駅に隣接する車庫を新町検車区と呼ぶ。京急の中では、最も都心よりに設置されている検車区で、最も車両自体に近づける場所とも言われる。

 

f:id:darumakaitoku:20161217173531j:image

    なぜなら、検車区を跨ぐように踏切があり、写真のように中身が丸見えスッケスケ状態。この検車区では、主にドレミファインバータと呼ばれる1000形と6両編成や4両編成が所属してる。余談だけど、8両編成は多くが車両管理区(京急久里浜至近)に所属してる。

 

f:id:darumakaitoku:20161217174022j:image

    さっきまで車庫にいた電車が出てきた。この踏切は、列車が限界まで接近しないと作動しない。と言っても接近する電車側の歩行者通路限界で撮るのは、得策ではない。きっと大音量の警笛を間近で聞かされることになるさ

 

f:id:darumakaitoku:20161217174323j:image

    神奈川新町駅側に、洗車線があることから昼の時間を除いて多くの電車が行き交う。この時期のオススメは13:00〜14:00が寒すぎず、複数の列車を見ることが出来ていい。

 

f:id:darumakaitoku:20161217174702j:image

此処でしか見れない!

変わった行先の電車にも会えるかもね!

 

おわり